本文へスキップ

沖縄県自閉症協会は自閉症児者のよりよい未来を築くことを目指して活動しています。

沖縄県那覇市首里石嶺町4-373-1
TEL.
098-995-7860

会の紹介

目的

・自閉症の正しい認識の普及、啓発活動
・自閉症に関する内外の最新情報の収集と調査研究
・自閉症の本人とその家族への支援
・医療、心理、福祉、教育、労働など各種専門家への支援と連携
・関係団体との交流

役員

・会 長  森脇千夏
・副会長  新垣浩樹、辻野久美子
・事務局長 石川 香
・会 計  仲田順子
・監 査  原田真知子
・八重山支部長 長谷部弘美
・成人部会部長 荻堂盛充・  

会則

第1条

 本会の名称は沖縄県自閉症協会とし、沖縄自閉症児者親の会まいわーるどを通称とする。

第2条

本会は、自閉症児者の療育、教育、福祉、労働などの充実を図ることを目的とする。

第3条

本会は、前条の目的を達成するために次の事業を行う。
1.会員相互の療育技術や知識、意欲を高める活動
2.自閉症児や自閉症児者の理解を深めるための啓発活動
3.日本自閉症協会が主催する活動に参加する。
4.その他、前条の目的を達成するための事業。

第4条

本会は、沖縄県在住の自閉症児者本人・保護者を正会員とし、この会の目的に賛同する有志者を賛助会員とする。

第5条

本会は、次の役員をおく。
会 長  1名
副会長  2名
事務局長 1名
会 計  1名
監 事  1名
事務局員 若干名

第6条

会長は本会を代表し、会務を総括する。
副会長は会長を補佐し、会長に事故があるとき、又は会長が欠けたときはその服務を代行する。
事務局長並びに会計は、会長の命を受けて庶務、会計に従う。
監事は本会の運営に関わる事業の管理、出納、その他事業の執行を監事する。

第7条

役員は総会において選出する。

第8条

役員は任期は2年とする。但し、再任を妨げない。

第9条

本会に、顧問・相談役をおくことができる。
その人選にあたっては、会長が適任者を推薦し、総会の承認を得て委嘱する。

第10条

本会の運営のため、次の会議を開催する。
1.定期総会:各会計年度の最初の月に開催する。総会は、正会員数の2分の1以上で成立する。
2.臨時総会:会長及び役員が必要と認めたとき開催する。
3.役員会:会長は、必要に応じ役員を招集し、必要事項を諮問する。

第11条

本会の会計年度は毎年4月1日に始まり、翌年3月31日に終わる。

第12条

本会の運営に必要な経費は会員の納入する会費、関係機関の補助金、その他の寄付金を充てる。
会費は次の通りとする。
正会員の入会費は、3千円とする。
正会員 年間費7千円  会計年度途中(5月以降とする)の年会費は、ひと月あたり600円とする。
賛助会員 年間費 個人3千円、団体1万円

第13条

両会員は、日本自閉症協会の機関誌「といしご」(年6回)、「かがやき」(年1回)を購読できる。

第14条

本会会則は、総会における出席者の過半数の決議により変更することができる。

第15条

本会は、沖縄県那覇市首里石嶺町4−373−1(沖縄県総合福祉センター2F)に住所をおく。

附則

この会則は、平成26年6月1日より施行する。。

バナースペース

沖縄県自閉症協会

〒903-0804
沖縄県那覇市首里石嶺町4-373-1
沖縄県総合福祉センター内小規模団体室

TEL 098-995-7860
FAX 098-885-2267
autism.okinawa
    @tea.ocn.ne.jp